テーマ:本、エンタテイメント

「今日にありがとう」須藤元気さんにいただいた言葉です!

「何か言葉を書いていただけませんか?」とお願いしたところ。 サインとともに書いてくださいました。 私にぴったりの言葉で、感激でした! というのも、私は一日100回ありがとうを言うことにしてるからです。 はじめは数えていましたが、だいたいどのくらい言ったか、わかるようになりました。 書いたものも含めてです。 一度の短いメールに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

須藤元気さんのお気に入りのおやつは「のりしおポテトチップス」だそうです。

須藤元気ファンのみなさま! 昨夜のNHKラジオ「渋マガZ」お聴きになりましたか? 聴き逃した方はストリーミングで聴けます。 http://www.nhk.or.jp/shibuz/tanka/window.html 昨日の短歌のコーナーのお題は「おやつ」。 そこで須藤さんのお気に入りは「のりしおポテトチップス」だそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仲谷ケリーさんを応援しています!

私が就職の講義に行っている学校の生徒。 仲谷ケリーさん。 (これは芸名。本名は微妙に違います。) 私は面接など、教えています。 美男美女、長身ぞろいの学科の学生の中でも ひときわカワイイ。 ペルー生まれで、ペルーのクォーター。(1/4) 今日、授業の後で、「先生お願いします」と頼みに来ました。 それは、人気投票。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「現役力」 工藤公康投手

工藤公康さんにNHKラジオビタミンで出会った。 ご存知、元・西武、ダイエー、巨人、横浜、の投手だった工藤さん。 1月4日の火曜日の「ときめきインタビユー」にご出演なさった。 私は工藤さんのファンなので、私の出演の後も 打ち合わせから放送まで、ご一緒させていただいた。 なんてラッキー!! 工藤さんは今年、年男の48歳。 現役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミボージン日記」 竹信三恵子 著

この本の著者である朝日新聞の記者の竹信三恵子さんには 私がこのハナマルを始めたときから 励ましていただいてきました。 何かと相談に伺い、教えていただき、感謝しています。 竹信さんは一貫して弱者の味方。 女性への不平等、労働問題について 取材、論説して来られました。 息子さんもいらして、 ワーキングマザーとしても憧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲斐名都さんと渋マガZで。ご存知、あの甲斐バンドの甲斐よしひろさんの娘さんです。裏切りの街角!!

日曜日の渋マガZで、甲斐名都(なつ)さん、だいたひかるさんと。 甲斐名都さんは、渋マガZのテーマソングを歌っていらっしゃるシンガーソングライターです。 ご存知、甲斐バンドの甲斐よしひろさんの娘さん。 甲斐バンド、私の大学時代、大変な人気でした! 「裏切りの街角」とか「アンナ」とか。 私は学生時代、山登りをしていて、 その…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

立松和平さんとの2ショット写真。昨年の2月に撮影しました。かけがえのない写真となりました。

立松和平さんとそのお仲間が、ご友人の法事に いらっしゃるのに同行した際の写真です。 私の故郷、山口県柳井市にある島。 立松さんはここのお寺で講演もなさいました。 お寺にふさわしく、仏教関連のお話し。 そのとき「道元」を書いていらっしゃいましたので。 道元について書くのは自分にとっての修行のようだったそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アバター」感想 

3D映画、「アバター」を見ました。 子どもといっしょに。 その感想です。 3D映画といものをはじめて見ました。 昨日のブログにアップした写真のめがねをかけます。 私はあまり疲れることはありませんでした。 胞子のようなものが空から降ってくるシーンでは 手に届きそうな感じ。 森を駆け抜けるスピード感が素晴らしいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「若き友人たちへーー筑紫哲也ラスト・メッセージ」

ジョギングして少し事務作業をしてから 午後は大手町へ打ち合わせに。 また、旅の間に読んだ本のご紹介です。 筑紫哲也さん、昨年亡くなりました。 ニュースをいつも見ていただけでなく 一度講演も拝聴したことがあります。 この本は大学生に向けたメッセージ。 大学で担当なさっていた講義の抄録です。 若い世代に、国家やジャー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悩む力

新幹線の中の読書。 ようやく読むことができました。 姜尚中さんのベストセラー。 私が副題をつけるとしたら 「夏目漱石へのオマージュ」ですね。 私は高校時代、漱石の全作品を読みました。 高校の国語の先生に 「好きな作家は全作品を読みなさい」 と言われてからそうしています。 漱石、太宰、三島と読みました。 この本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレッグ・アーウィンさん 童謡を英訳

NHKラジオでお会いしたグレッグ・アーウィンさん。 日本の童謡をステキに英訳され、歌っていらっしゃいます。 先日の「ラジオ・ビタミン」の放送で(私は生で聴いていました!) 赤トンボの英訳をなさったときのエピソードを話されました。 「私の部屋はピルの中で、なかなかいい英訳が浮かばなかった。  仕事で熊本に行く機会があり、阿…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

立松和平さん

立松和平さんの新作 「人生のいちばん美しい場所で」を読みました。 今話題の「妻の介護」。 夫が妻を介護するというのは 大変なことですね。 しかも若年性アルツハイマーだと。 自分がそうなったらと思うと 恐ろしいの一言です。 先日のイベントで立松さんにお会いしたので 感想をお伝えすると 「だから、あなたも夫を大切…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

権藤栄作さんと?

昨日のふるさと回帰フェアで上映された 映画「降りてゆく生き方」。 http://www.nippon-p.org/ 主演は武田鉄矢さん。 農村を買い占め、 リゾート開発しようとする ファンドの手先の役柄です。 その主人公が地元の農民や商店街の反対に合い、 交流を深めて行くというストーリー。 自主上映作品なので …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

NHKラジオビタミン

連休中ですが、ラジオビタミンの 生放送ありました。 今日はその後のコーナーが 童謡特集。 神崎ゆう子お姉さんと アメリカ人のグレッグ・アーウィンさんの 歌を生で聴かせていただきました。 役得でした! グレッグさんは日本の童謡を 英語に訳して歌っていらっしゃいます。 秋の童謡、いい歌がたくさんありますね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ノルウェイの森」 松山ケンイチ

昨日、早稲田大学での映画撮影を見学して、 その感想の続きを書きます。 撮影現場では、当然ながら写真撮影は 一切禁止なので、写真なしのブログになっています。 写真撮りたくて、うずうずでした。 その分、心に刻み付けました。 写真がないので、ブログ文字量多いです。 昨日の場面は主人公のワタナベの大学生活のシーン。 キャンパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ノルウェイの森」

映画の撮影ってなんて大がかりなんでしょうか! テレビとまるで違いますね。 早稲田大学の文学部4階の教室内で撮影が行われましたが、 中庭にクレーン車が二台待機していました。 工事でもしているのかな?と思っていたら、それが撮影用の照明。 4階の教室の窓の外から直径1メートル以上もあるライトが2機こちらを照らします。 授業風景なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿部のヒット

日中の暑さが嘘のように涼しいドーム。 阿部のヒットでリードしたものの、あっさり逆転されてしまいました。 応援グッズもバッチリなんですが…。 オレンジのタオル(もちろん持参)、2回ほど、ぐるぐる振り回しました。 中日側の応援が勢いづいてます。 ・・・・・・・・・・追記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 私、野球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤナーチェクを聴きながら

一日こもって、次の本の原稿書いてます。 ヤナーチェクを聴きながら。 ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」。 そうです、村上春樹の「1Q84」に出てくる曲です。 なるほど、ティンパニーが印象的だね。天吾くん。 村上春樹さんが音楽に詳しいのは昔からですが それにしてもいろいろと物知りだなーと感心するばかり。 女性の卵子は40…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1Q84

ようやく買った。 時々、大事に少しずつ読んでいる。 中にこんな一言が! 「書くのが好きだというのは、作家を目指す人間にとっては何より大事な資質だよ」 「でも、それだけでは足りない」 私にとっては村上春樹さんは長年崇めてきた神のような存在。 次の本について悩んでいる私へのご託宣!?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立新美術館

打ち合わせの合間に、六本木の国立新美術館のルーヴル美術館展へ。 上野の西洋美術館のルーヴル展とは別物。 こちらは、テーマを子どもに絞っていて、 子どもを描いた肖像画や彫刻が集められている。 アモールと呼ばれる子どもの天使像や絵画があり、映画「天使と悪魔」を思い出しました。 心洗われて、次の仕事に向かいます!
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宝塚雪組公演

これから宝塚を観に。 お友達から券を譲り受け、ラッキー! 水夏希さんがトップ。 楽しみ! 観劇後・・・ 足、長いーー! カッコイイーー!! 男にしか見えないーーー!!! 男より、美しい!!!! この写真はお隣のシャンテに飾ってあった、 「ベルサイユのバラ」のときの衣装。 今回は「ZORO」でした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

MAMMA MIA! に夢中!

少し前になるが、ようやく念願の「MAMMA MIA!」を観に行った。 学生時代、六本木や新宿のディスコに通っていた世代なので、 Dancing Queenはもちろん、Voulez-Vousなど、 映画を見ていて、一緒に踊りだしたくなった。 昔、ABBAのコンサートにも行ったっけ。 武道館・・・あれはもう社会人だったから…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more